2023年12月01日

「赤い羽根共同募金の街頭募金」にご協力ありがとうございました。

 十月から十一月にかけて、松浦水軍まつり、鷹島モンゴルまつり、福島ふるさと祭りが開催され、それぞれの会場で、長崎県共同募金会松浦市支会による赤い羽根共同募金の街頭募金活動を実施いたしました。小中学生、民生委員、自治会等の皆さんに参加していただき、大変お疲れさまでした。
 三地区とも、子どもたちが大きな声で「募金お願いします」と声をかけて回り、多くのご支援を頂きました。
 ご協力いただいた募金は、地域福祉の向上に活用してまいります。本当にありがとうございました。

2266354.png
【お礼の最新記事】
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お礼

同 級 生

 先日、九十五歳になる父の同級生が亡くなりました。心からご冥福をお祈り致します。「〇〇君は同級生だ。お葬式に行かねば」と足元をふらつかせながら告別式に連れ添いました。その告別式の会場で、故人の娘さんにお礼を言われ、ちなみに私の高校の同級生だと当時の記憶を思い出させていただいた。四十五年ぶりの再会、お悔みもそこそこで記憶のなさに申し訳なさがいっぱいになりました。
 七、八年前、仕事の関係で顔を合わせた中年男性も、話の途中で中学校の同級生だと思い出させてくれた。半世紀ぶりの再会に、覚えていない恥かしさもありつつ、それ以上に同級生として接してくれたことがうれしかった。今では良き相談相手になってくれている。ありがたいものです。
 一方で、高校の同級生で現役引退までずっと近くに居てくれた仲間がいる。学生時代からの「おい」「うん」のやり取りが自然に出てくる。そんな同級生がいることを自慢したい。
 人生六十年の要所々々で顔を出す同級生。同級生というだけで親近感が高まる。父の様子から「同級生」の響きには、いつの時代も変わらない温かさがあるようだ。さりながら、寄る年波には勝てず、記憶はどんどん遠のいていく。もし、久しぶりに出会って知らん顔しても、決して「嫌い」という意思表示ではないことをお伝えしたい。記憶をたどり、懐かしさを呼び起こすまでの時間を頂きたい。二度目にあったときは、「あらー」と声をかけたい。
 生きるということは、別れも増えるが再会の喜びも増える。コロナでできなかった同級会、今度こそ開きたいものですね。

737484.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2023年11月01日

笑門来福 オフライン版 第24号

笑門来福 オフライン版 第24号です。
24号.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オフライン版

今日の勉強「ことばを伝える」

 先日、知的障害について学ぶ機会がありました。
 障害があっても、地域の中で自分らしく、元気に、たのしく生きていく権利があります。でも自分から主張することはとても難しいことです。社会全体が知的障害について理解し、成功体験を積ませ、自分で生きる力をつけてほしい。そのためには、子どもたちにどうしたら伝わるかを意識する必要がある。

 例えば、「ボールを書いてください。」と言われたら、どんなボールを書きますか?
 例えば、「ちゃんとしてほしい」とき、子どもたちにどう伝えますか?“ちゃんと”って何? 

絵に書けないものは、相手に見せられない。
相手に伝わっていると、勝手に思い込んでいるだけ。
知的障害のある子には、そこが難しいところ。
でも、その能力は様々です。何もできないのではなく、
仕方がわかれば出来ることもたくさんあるはず。

だから、みんなで意識しましょう。
 @話すときは、わかりやすい、簡単な言葉で声かけよう
 A不安にしないように優しい声でゆっくりと
 Bたくさん覚えられないので、順番をつけて伝えよう
 C一つの事に集中するので、周囲のことに気を付けて
 D皆さん!と声をかける時、君の名前も呼びましょう

お父さん、お母さん いつもありがとう。
色々心配だろうけど、たのしく頑張っているよ。
地域の皆さん、これからいっぱいお世話になります。
どうぞよろしくお願いします。  子どもたちより


manner_suwaru_boy.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の勉強

唱歌「箱根の山」

 大正八年「尋常小学全学科表解第五学年後期用」から「箱根の山」を発見。
 当時は、「数字譜」という文字譜で、123の数字が順にドレミの音階にあててあり、音域を区別するために、数字の上又は下に「・」を付点。音の長さは、八分音符には「|」が、十六分音符には二重線を数字の下に付記。休符は0で。付点八分音符、付点四分音符には、それぞれ数字の右下に付点。見方が分かると、なんとなく曲がわかってきますね。歌詞は、当時は旧仮名遣いでしたが、難しかったので現代仮名をふりました。ネット情報では、ほとんどが「箱根八里」という題名で載っています。
 皆さん、この歌、最後まで歌えますか? 箱根の山は天下の嶮…
箱根の山_数字譜.png

digidepo_914201_noBundleName_ac54f6b8-7386-488f-bf42-451921676ad9.jpg

※本文とは年代が異なります。
教育学術研究会 編『改正尋常小学全学科表解』第5学年後期用,武田交盛館,大正6. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/914201 (参照 2023-11-02)
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事