2022年07月01日

今日の勉強「ダブルケア」について

 ダブルケアとは、自分の子供の子育てと親の介護を一緒に行う状態のことです。
 これまで二〇代から子育てが始まり、四〇代に入ってから親の介護が始まるといったイメージでしたが、近年は、第一子の出産年齢が三〇歳を超えており、四〇代には、仕事のキャリア形成、子育て、親の介護など人生のイベントが、同時期に重なる人が増加しています。
 しかも、ダブルケアの状態は十年以上続く場合もあり、ダブルケアを行う人の精神的な負担は計り知れません。心身のストレスが大きくなると、「介護うつ」などの精神状態になってしまうこともあります。
 対策として、子育てや介護が始まる前に、ダブルケアを想定した話し合いや、経済的な備えをしておくことが大切です。体力的、経済的、そして精神的負担を軽くするためには、介護と育児を共に支援できる地域づくりが必要です。
doublecare.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の勉強

いろは四十七音「「いろは歌」

 いろはにほへと ちりぬるをわか……
 たまに聞くと、懐かしいフレーズですよね。このいろは歌は、ひらがな四十七音が、一文字もダブらずに構成されています。手習い歌だと思っていましたが、いろは歌には、深い意味が込められていました。
 皆さんご存じでしたか?(知ってる!すごい!)
 
まず、フレーズの区切りですが…
いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす

漢字で詠むと…
色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

解釈の一例をご紹介します。こんな意味らしいです。
花が咲いても散ってしまうように、この世に常に変わらない人は誰もいない。
迷いの多い人生という山を今日も乗り越えて、
一時の栄華のような儚い夢に酔わずに生きていこう。

 この四十七音には「ん」は含まれていません。でも最後に「ん」と呼んでいたような・・。
 人生の機微を感じながら、これからの人生に「ん(運)」がつくように頑張ります。いろは歌に寄せ、平安時代から「涼」を届けます。

1064340.jpg
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2022年06月01日

笑門来福 オフライン版 第7号

笑門来福 オフライン版 第7号です。
07号.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オフライン版

楽しみながら防災活動

 五月二十九日に松浦市で長崎県総合防災訓練が実施されました。
 自主防災活動は、いつ起こるかわからない災害に対して、住民が主体的に取り組む活動です。しかし、防災活動のマンネリ化も課題となっています。
 そのため、「防災」を冠した訓練行動だけでなく地域の行事や運動会等、地域活動の中に、防災に役立つノウハウを取り込み、楽しく身に付ける工夫をしてみてはいかがでしょう。

1687568.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

今日の勉強「ヤングケアラー」について

 ヤングケアラーとは、本来大人が担うと想定される家事や家族の世話などを日常的に行っている十八歳未満の子どものことを言います。
 例えば、障がいや病気のある家族に代わり、
@買い物、料理、掃除、洗濯などの家事
A幼い兄弟の世話
B障害や病気のある兄弟の世話や見守り
C目を離せない家族の見守りや声掛け
D家計を支えるための労働
E障害のある家族のための通訳
F慢性的な病気の家族の看病
Gアルコール・ギャンブル問題等を抱える家族への対応 など

 「家のお手伝いを頑張っているよい子」と思われる子どもさんの中には、家族の世話や家事に時間を取られ、学校の宿題ができない、部活動ややりたいことを我慢している、誰にも相談できずにいる場合があるかもしれません。
 あなたの周りに思い当たる子供たちはいませんか。
22324565.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の勉強