2024年02月01日

私のTT革命

 IT革命なんて難しすぎて関係ないと思いつつ、もしかしてこれもIT革命というのかなと思いなおし、こんな時代の変革をお届けします。
 私が就職したのは昭和五十六年。その頃の文書は、手書きからタイプ、ワープロへと変化していく頃でした。事務所内に一台だけ、和文タイプライターがありましたが、そんなに使う人はいませんでした。和文タイプは漢字変換ができないため、文字数は一〇〇〇個以上あり、配列に従って文字を探して打っていきます。字の裏側を見ながら打つので、不安そうに打つと、インクが薄くなったり、打ち間違えると、修正液を塗るか、上から紙を貼って修正します。
紙が傾いていないか手作業で合わせます。一列打つと上部が左に動いて、終了間近を教える「チーン」という音が鳴ります。レバーを引いて改行です。
 印刷も、最初の頃は、謄写版にインクを刷り込んで押さえて印刷、手回しの輪転機もあったような。その後、ワープロで作った原紙を製版機にセットして、大量に印刷できるようになりましたが、時々、原紙を外し忘れて次の印刷の人に「残ってるよ」と教えてもらいました。
 時代は、タイプからワープロの時代に入りました。ワープロには変換機能が付いていて、当初は一行だけ表示される画面で、文字の変換や打ち間違えを確認していましたが、時が経って、三行分も表示できる「三行革命」という商品が発売されると、私の中ではまさに「産業革命」でした。その後は広い画面になり、紙面全体の構成が見えるようになりました。
 ワープロと並行して、会計処理用に各課にパソコンが導入されました。パソコン台に設置し、共有で使用しました。次代は、ワープロからパソコンへ、デスクトップからノートパソコンへと移っていきます。
今は、一人一台。学校でも当たり前で、時代は進歩していますね。


080304.png

posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190757427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック