2022年08月01日

戦後七十七年目の夏

 八月十五日は、終戦記念日。終戦から七十七年を迎えます。
 私は、七十七年前の戦争を知らない。しかし、毎日のようにテレビからロシア軍のウクライナ侵攻の様子が映される。多くの人が亡くなり、国を追われ、異国の地での生活を余儀なくされている。一方で、戦禍にもかかわらず、多くの人が「祖国に帰りたい」と涙している。
 先日、高齢の婦人から、「二度と家族を死なせたくない、戦争を起こしてはならない」その思いを伝えたいと、七十七年前に戦死した家族の「遺書」を見せていただいた。昭和二十年二月末に出征し八月に終戦。帰ってくるとの喜びも束の間、戦死広報が届いた。この遺書は、出征前に当時三十三歳で、六〇歳の母に宛て書かれたものです。この想い決して無駄にしてはいけないと改めて心に刻みます。
 今年のお盆は、先祖とともに多くの戦死者に思いを馳せ、生かされている事への感謝を込めて、迎え火を灯します。



        遺  書
三十余年の間、我が身を削って優しく育て上げくださった事、
深く厚くお礼申し上げます。何等孝養もできず、
始終御心労おかけしまして申し訳ありません。
深くお詫び申し上げます。
お蔭をもって、再度のお召しを受け征ける事、
男子の本懐この上もありません。
喜んで征ってまいります。感激に堪えません。
何卒母上様も御老体であれば、充々御身体御大事に、
ご無理されない様にして一日でも長生きしてくださいませ。
君 心配でしょうが、苦しいでしょうが、
心の目を開き、兄に代わって母上を大事に、
職業を習い、暮らしてください。
さん 元気でしっかり国家の為、頑張ってください。
くれぐれも、ご一同様御身体をお大事されます様。
              母上様



22014217.png
posted by 松浦市社協会長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189701739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック